思いがすべて

広告や企業理念で未来を描くということを言っている企業が増えた。未来は、無条件にやってくるものではない。現在の延長に成長が約束されている時代ではないということだろう。未来の不確かさがあり、それは、自社だけでコントロール可能なことばかりではない。地球規模の環境や多様化する人の価値観なども要因の一つ。数字は結果。では、原因となるのは何か。それが、言葉。経営における言葉の始まりは、経営者の思い。それが体温を感じられる言葉で誰もがわかるように発信されているか。それだけのことで、描こうとする未来は動き出すから。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力

CONERIが貫くところ

CONERIの信念は、「言葉と経営」、そして「クリエイティブを資源とした経営支援」。
「言葉と経営」とは、経営の中核には言葉が最重要であり、企業・組織におけるその最上位には理念が立ち、以下、アプリケーション(サイン計画や宣伝計画、社内政策など)に論理的に展開されることが重要。
「クリエイティブを経営資源にする」とは、クリエイターと事業者による恒常的な交流により、互いの持つ言葉や商習慣を少しずつすり合わせながら、一緒に面白いことを創り上げていくイメージ。先行事例に大阪のメビックが挙げられます。その民間版。

歴史的にみても、文化が成熟し花開くのは、人口が減少または停滞している時期(速水融「歴史人口学事始め―記録と記憶の九〇年/ちくま新書」。さらに「人口減少をきっかけに拡大一辺倒から価値観を転換し、文化を成熟させる方向に社会やお金の回し方を変えていくリーダーが必要となる」(同)。CONERIがお付き合いさせていただいている企業さんたちは、みな、その「リーダー」になる可能性を十分に秘めていると思っています。
CONERIは、広告からクリエイティブに入りましたが、平面を超えて、コトを起し、人、モノ、情報、お金の大きな流れを生み出すのに、クリエイティブは必要不可欠であり、さらに言えば、それを扱える企業と扱えない企業に二分される時代がきていると見ています。クリエイティブで世の中を面白く!


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力

CONERIのやっていること

CONERIのやっていることは、コピーライターの仕事。正確に言うと、コピーライターの可能性に挑戦しながら、コピーライターの社会的価値を高めるということです。

コピーライターは企業の言葉を考えます。売り言葉であったり、フィロソフィーと言われるあり方を指し示す言葉であったり。いずれにしても、ビジネスの世界の話です。ですから、企業経営者に、コピーライターとご縁を持てて良かった、と言っていただけることが重要。

経営者が良かったというのは、企業の業績の向上があってこそ。そこで、わたしは、コピーライターとして言葉を軸にしながらも、次の3つの力が必要だと認識しています。
1)適切な課題を設定する力
2)課題に対してクリエイティブな解を複数提案する力
3)それを実装するが伴走できる力

わたしが大学院で学んでいるのも、子どもたちに国語や現代文を教えているのも、すべてこれらの力を支える一つの要素を磨くことにつながっています。先日、実践政策という学会誌におさめさせていただいた「共感形成の視点に立った『土木』の論考」という論文は、共感形成というこれからすべての企業が考えなくてはならないテーマを土木の領域において捉えた論です。自社の業界だけを見ていてもユニークな解決策が出てこない時代に、まったく異業種に軸足を置いて考えてみることも重要なことだと考えています。

そして、もっとも大事なことは、こうした理論を携えて実践できる場を複数持っているか、ということ。それにより、社会のお役に立てるし、論も磨かれる。地域や企業において実践の場を持たせていただいていることは、実にありがたいことです。既存の枠組みを超えた理論と実践を通して、コピーライターの社会的価値を高めようとしているのが、CONERIの取り組みです。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり

明けましておめでとうございます。


SNS上に仕事の主義主張を言わなくなってから急に仕事が忙しくなったという貴重な経験を積んだ昨年でした。今年もゆるく、ふわっといきます。が、以下の3つのことは誰よりも気を引き締めていきます。

1)CONERIのお客さまに対しては、「クリエイティブで企業を良くする」をテーマに、これまで以上の知見とふさわしい言葉を提供することで、企業の課題解決に貢献してまいります。

2)大学院は、昨年、査読付き論文を1本パスすることができました。1月下旬に博士後期課程の入試を控え、今年も研究は最重要な取り組みとして尽力します。

3)コピーライターとして仕事をするなかで、早くから身につけておくことが重要であると感じた論理的な思考力は、OSアカデミアで今年も子どもたちに提供してまいります。もうすぐ高校生はセンター試験ですが、塾生のなかには過去問で現代文満点を取った生徒、全国で上位にいる生徒がいます。提供している学習内容には絶対の自信がありますので、今年も引き続き週1日数時間ではありますが、継続してまいりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり

近況

前回の投稿から2ヶ月以上が経ちました。CONERIは少しずつわたしの描いた方向に動いています。コピーが欲しいという依頼から、もっと本質的な経営の課題を抱えた経営者からの依頼へ。言葉の力でどこまでその課題を解決に導けるか。ときにデザイナーさんや映像クリエイターさんの力をお借りすることもありますが、あくまでも言葉を軸とした取り組みを提案し、実践しています。

これは広い意味で「デザイン思考」と呼ばれるもので、それは意匠デザインとはまったく違うものであるということを企業に啓蒙し、デザイン思考を切り口にクリエイターと企業のマッチングの商文化をつくっていこうという提案を、経済団体を母体として働きかけてみる取り組みも離陸しました。わたしがエリアサポーターを仰せつかっているメビック扇町の取り組みを先進事例として起案する予定です。

一方で、創造性とか共感性をテーマとした論文の執筆も牛歩のごとくではありますが、進んでいます。学問の世界は教授を頂点としたチームワークであり、多くの協力者の頭脳のおかげで進むわけですが、その成果はCONERIのお客さまに還元されています。年末にかけてゼミでの発表が当たっており、その流れで来年に向けてやりたいことが山積しています。

一見バラバラに見えるCONERIの取り組みは、ようやくすべてはつながっているというふうに見えるかな?というところまで来た感じがしています。年の瀬の挨拶にはまだ早いですが、すでに忘年会もいくつかあり、このまま2019年に駆け込む勢いです。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり