いま、何が起きているのか

人は学習をする。
当然、広告の受け手という「人」も学習をする。
ギミック、小手先の技術などは、もはやお見通し。
共感の時代。
楽しんでいる人、楽しんでいる波長に同調することで、物事は広がりを見せる。
自分がワクワクしながらやっていること。
それが、いかなる広告にも勝る。
そんな時代じゃないかな、いまは。

当然、そういう人の発する言葉は他意がなく、そのままで面白い。
多少のブロークンもご愛嬌。
コピーライターは、そういう人が発信した膨大な情報を、整理して編集することはできる。編集とは価値化。でも、まあ基本は、やっている当事者のワクワクを超えることはない。膨大な広告予算によらず、ありのままで勝負ができる良い時代といえば、良い時代です。

もう一方の軸は、イメージ。
これはやはり人にとって「印象」という意味でついてまわる。
イメージの構築、運用、修正は、やはりいまだにオーダーは絶えません。
しかし、上記と「運用」の時点で交わる。
そこに隠しきれなさ、つまりイメージの破綻のリスクと、イメージの相乗効果の分かれ道が潜んでいます。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #クリエイティブ #共感形成 #人見

クリエイティブ無料相談会(2021.01)

【クリエイティブ×企業経営_無料相談会】
クリエイティブの力で、企業を元気に!面白く!

1月は20(水曜)21(木曜)いずれも10時から15時まで開催。

・経緯
コロナ禍以前の2018年に、香川経済同友会としてメビック(大阪市)の視察をさせていただき、「クリエイティブハブ構想」なるもの香川県に提言させていただきました。主旨は、クリエイターと事業者の恒常的な交流の場をつくることで、相互理解を促進し、事業経営にクリエイティブの力を生かしやすくするプラットフォームづくり。これまで特に目立った動きも認められないので、自分でやってみようと立ち上がります。

・立ち位置
CONERIとしてではなく、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪産業局が運営するクリエイティブ産業振興施設「メビック」のエリアサポーターとして立ち上がります。メビックでは、10年以上も前から、毎日のさまざまな活動を通じて、仕事や立場にかかわらず、こころが通じあう関係性を大切にし(クリエイターと事業者の恒常的な交流の場づくり)、つながりのその先にある、豊かなクリエイティブが生まれるための環境づくりに取り組んでいます。企業経営にクリエイティブがうまく活かせるのは、その結果にすぎません。

・やること
1) CONERIとして事業者のクリエイティブ相談会を実施していたものを、そのまま継続します。
2) CONERIで解決できることは、自社の存在意義の言語化、その論理的な展開としての宣伝・広告、商品開発、営業施策、社内施策ですが、CONERIの仕事になる、ならないはどちらでも構いません。
3) 相談内容によって、適任と思われるクリエイターの紹介、交流の促進、メビック主催の事業者とクリエイターの交流の機会等をご案内します。仕事になった場合でも、手数料をいただくものではありません。

・こだわり
1) 全国区であること。
→わたしはメビックの「エリアサポーター」として香川県に在住していますが、コピーライターとしてデビューして以来、全国区であることをずっと意識しています。その証拠に、全国区の広告賞の受賞を重ねてきました。エリアの事業者の課題を、全国区のクリエイティブ力で解決に導きます。全国や世界のクリエイターと、オンラインを活用してつなぎます。
2) これまでの枠を疑い、壊す
→わたしはコピーライターを軸足として、大学院の研究生として地域・交通計画の分野で論文を書かせていただき、言葉の力を子どもに授けようと国語・現代文の学習塾「OSアカデミア」を主宰するのみならず、言葉による心の「解放」を肉体でとらえるリラクゼーションマッサージのセラピストなど、とにかくクリエイティブの力が様々な世界で生きることをみずから体験しています。商品の売り文句を書くという旧来のコピーライターの枠に囚われて生きていないことが、ご相談者のお役に立てるものと考えています。

・日時
毎月4回、水曜と木曜の午前(10時から12時)を原則として、予約制にて無料相談会を開催します。
1月は20(水曜)21(木曜)

・協力
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #メビック #コピーライター #コネリ #こねり,#コピーライター,#言葉と経営

明けましておめでとうございます(2021)

本年も、CONERIをよろしくお願いいたします。

いまは元日の19時過ぎ。テレビで、コンビニ各社の「イチ押し」のお惣菜やパン、スイーツを一流料理人が「合格」「不合格」とやっています。コンビニの開発担当者が「合格」が出るように祈り、結果に涙しています。嬉し涙、悔し涙、悲喜交交。彼らの姿を見て、わたしは、こういう人と仕事がしたいと思いました。

気持ちを込めて、魂を込めて作ったものを、なんとか言葉で売って欲しい。そういうオファーを今年もお待ちしています。自社のアプリをスマホに入れてもらえればOKとか、ウェブをとりあえず作っておけば OKという、いわゆるデジタルの「仕組み」で売ろうとする流れがある中で、その中の言葉に期待し、魂を乗せたいと思われる方との出会いに恵まれることを希望します。

今年も、皆さまにとって、そしてCONERIにとっても最高の幸せを掴む年となりますよう。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #言葉と経営 #コピーライター #企業理念 #伝える力

2020を振り返って

秋口から、少し息の長い仕事をいただいていて、それはパソコンの前でせっせと書く仕事で、コロナ禍にあって人と直接接触するものではない意味でありがたい限りです。
「言葉と経営」という拙著はわたしの信念の表出したものであり、出版後、ますますその信者的なお客さまとの出会いに恵まれていると感じています。つまり、言葉の力を企業経営や組織運営に生かしたいという方が、紹介や毎月の無料相談会にお越しいただき、小さいながらも、その濃い繋がりに満足した2020でした。

おそらく、思考が言葉で整理されることで、次に進みやすくなるのだと思います。わたし自身は、一億総コピーライターの時代だと思っていて、コピーライターが特に出しゃばっていく必要もないことが多いと感じています。自分で書けるものは書けば良いと思っています。ただ、プロのコピーライターの存在意義は2つ。一つは、言葉にならない思いを拾い上げて言語化してあげること。二つは、視点の開発。こんな視点があるンですよ。この視点で語る方が、愛されますよ、売れますよ。ということ。

もう、多くの人は広告に飽きているとわたしは感じています。気持ちを寄せることのできるCMもありますが、基本は飛ばしたい。ネットを閲覧している時に、広告をクリックすることは稀。個人的には不動産を探していたり、求めている車の関連はクリックもしますが、それ以外は見ませんね。それでも、企業は、モノやサービスを売りたいと願う。大切なことは「存在として気持ちいいこと」だと考えています。優秀な人とか正しい人が人気があるわけではなく、存在として清々しいまでに美しい人に人気がある時代とも感じています。企業も、同様に思います。YouTubeに割り込むような手法を採用する企業に、それは無理です。

さて、来年も、CONERIは、言葉の力を信じ、言葉の力で自社を盛り上げたいと願う経営者のお役に立ちます。さっそく岡山の企業さんから4月の新しい期に向けた理念やスローガンのお問い合わせがありました。まだ鬼が笑いますが、そろそろ年末モードで、さらに引きこもり、静かに自分の仕事をやって年を越したいと思います。皆さまもどうぞ良い年をお迎えください。クリスマスカードやお年賀の郵送は不精させていただきますこと、お許しください。ありがとうございます。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #コピーライター #言葉と経営

クリエイティブ無料相談会(2020.12)

12月は23(水曜)24(木曜)
いずれも10時から15時
ズームでも、対面(香川県高松市中央町)でもOK.
予約制。個別に連絡のつく方法でご連絡ください。

↓↓↓
クリエイティブの力で、企業を元気に! 面白く!

・経緯
コロナ禍以前の 2018 年に、香川経済同友会としてメビック(大阪市)の視察をさせていた だき、「クリエイティブハブ構想」なるもの香川県に提言させていただきました。主旨は、 クリエイターと事業者の恒常的な交流の場をつくることで、相互理解を促進し、事業経営に クリエイティブの力を生かしやすくするプラットフォームづくり。これまで特に目立った 動きも認められないので、自分でやってみようと立ち上がります。

・立ち位置
CONERI としてではなく、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪産業局が運営するクリエイティブ産業振興施設「メビック」のエリアサポーターとして立ち上がります。メ ビックでは、10 年以上も前から、毎日のさまざまな活動を通じて、仕事や立場にかかわら ず、こころが通じあう関係性を大切にし(クリエイターと事業者の恒常的な交流の場づくり)、つながりのその先にある、豊かなクリエイティブが生まれるための環境づくりに取り組んでいます。企業経営にクリエイティブがうまく活かせるのは、その結果にすぎません。

・やること
1) CONERI として事業者のクリエイティブ相談会を実施していたものを、そのまま継続します。
2) CONERI で解決できることは、自社の存在意義の言語化、その論理的な展開としての宣伝・広告、商品開発、営業施策、社内施策ですが、CONERI の仕事になる、ならないはどちらでも構いません。
3) 相談内容によって、適任と思われるクリエイターの紹介、交流の促進、メビック主催の事業者とクリエイターの交流の機会等をご案内します。仕事になった場合でも、手数料をいただくものではありません。

・こだわり
1) 全国区であること
→わたしはメビックの「エリアサポーター」として香川県に在住していますが、コピーライ ターとしてデビューして以来、全国区であることをずっと意識しています。その証拠に、全国区の広告賞の受賞を重ねてきました。エリアの事業者の課題を、全国区のクリエイティブ 力で解決に導きます。全国や世界のクリエイターと、オンラインを活用してつなぎます。
2) これまでの枠を疑い、壊す
→わたしはコピーライターを軸足に、大学院の研究生として地域・交通計画の分野で論文を書かせていただき、言葉の力を子どもに授けようと国語・現代文の学習塾「OS アカデ ミア」を主宰するのみならず、言葉による心の「解放」を肉体でとらえるリラクゼーション マッサージのセラピストなど、とにかくクリエイティブの力が様々な世界で生きることを みずから体験しています。商品の売り文句を書くという旧来のコピーライターの枠に囚われて生きていないことが、ご相談者のお役に立てるものと考えています。

・予約 メッセージ等、連絡のつく方法でご予約ください
・協力 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #メビック扇町 #言葉と経営 #コピーライター #人見