クリエイティブ無料相談会(2020.11)

11月は18(水曜)19(木曜)
いずれも10時から15時
ズームでも、対面(香川県高松市中央町)でもOK.
予約制。個別に連絡のつく方法でご連絡ください。

↓↓↓
クリエイティブの力で、企業を元気に! 面白く!

・経緯
コロナ禍以前の 2018 年に、香川経済同友会としてメビック(大阪市)の視察をさせていた だき、「クリエイティブハブ構想」なるもの香川県に提言させていただきました。主旨は、 クリエイターと事業者の恒常的な交流の場をつくることで、相互理解を促進し、事業経営に クリエイティブの力を生かしやすくするプラットフォームづくり。これまで特に目立った 動きも認められないので、自分でやってみようと立ち上がります。

・立ち位置
CONERI としてではなく、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪産業局が運営するクリエイティブ産業振興施設「メビック」のエリアサポーターとして立ち上がります。メ ビックでは、10 年以上も前から、毎日のさまざまな活動を通じて、仕事や立場にかかわら ず、こころが通じあう関係性を大切にし(クリエイターと事業者の恒常的な交流の場づくり)、つながりのその先にある、豊かなクリエイティブが生まれるための環境づくりに取り組んでいます。企業経営にクリエイティブがうまく活かせるのは、その結果にすぎません。

・やること
1) CONERI として事業者のクリエイティブ相談会を実施していたものを、そのまま継続します。
2) CONERI で解決できることは、自社の存在意義の言語化、その論理的な展開としての宣伝・広告、商品開発、営業施策、社内施策ですが、CONERI の仕事になる、ならないはどちらでも構いません。
3) 相談内容によって、適任と思われるクリエイターの紹介、交流の促進、メビック主催の事業者とクリエイターの交流の機会等をご案内します。仕事になった場合でも、手数料をいただくものではありません。

・こだわり
1) 全国区であること
→わたしはメビックの「エリアサポーター」として香川県に在住していますが、コピーライ ターとしてデビューして以来、全国区であることをずっと意識しています。その証拠に、全国区の広告賞の受賞を重ねてきました。エリアの事業者の課題を、全国区のクリエイティブ 力で解決に導きます。全国や世界のクリエイターと、オンラインを活用してつなぎます。
2) これまでの枠を疑い、壊す
→わたしはコピーライターを軸足に、大学院の研究生として地域・交通計画の分野で論文を書かせていただき、言葉の力を子どもに授けようと国語・現代文の学習塾「OS アカデ ミア」を主宰するのみならず、言葉による心の「解放」を肉体でとらえるリラクゼーション マッサージのセラピストなど、とにかくクリエイティブの力が様々な世界で生きることを みずから体験しています。商品の売り文句を書くという旧来のコピーライターの枠に囚われて生きていないことが、ご相談者のお役に立てるものと考えています。
・日時
毎週水曜と木曜の午前(10 時から12 時)を原則として、予約制にて無料相談会を開催します。オンライン、オフライン、いずれも可。

・予約 メッセージ等、連絡のつく方法でご予約ください
・協力 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #メビック扇町 #言葉と経営 #コピーライター #人見

「一人メビック」から100人の輪をつくりたい!

著書「言葉と経営」をなぜ出そうと思ったのか。そのことを時々聞いていただくようになりました。ここに、記しておきたいと思います。新聞広告などには「気づきの書」と書いてくれています。誰に対する、何の気づきかというと、経営者に対して、言葉が経営課題を解く力を持ったものだという気づきです。

「もっと自社商品が売れて欲しい」「もっと人に来てほしい」「もっと・・・」経営者の希望は尽きません。そのような課題に、テレアポをしましょう、とか、商品に改良を加えましょうというのも、もちろん一案ですが、言葉、つまり、コミュニケーションでできることがたくさんあります。言葉には、そういう力があるんだよ、という気づきです。

大阪に「メビック扇町」という大阪で活動するクリエイターたちが互いに知り合い、顔の見える関係を築くための新しいコミュニティづくりに励んでいる施設があります。そこでは、事業者とクリエイターのマッチングが頻繁に行われています。事業者の抱える課題を、クリエイターの持つ知見やスキルで解く。著書「言葉と経営」は、「一人メビック」です。

今年度から、わたしは「メビック扇町」のエリアサポーターに就任し、応援していく立場になりましたので、ここで「メビック扇町」のPRもします。しかし、わたしは10年前に経済産業局の方から紹介いただいたこの「事業者とクリエイターのマッチング」の文化を、ぜひ日本全国に商習慣や文化として根付かせたいと思い、本を書きました。「一人メビック」が「100人メビック」くらいになれば、と共感いただける事業者やクリエイターと積極的に会っていきたいと思います。


タグ:#CONERI #こねり #クリエイティブ #コピーライター #言葉 #メビック扇町