言葉は心

言葉とは心。
コピーライターは、主に商業における言葉を扱いますが、
このシンプルな定義を忘れては、共感を形成することはできないと思う。
自戒をこめて胸に刻む。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #クリエイティブ #人見

コピーライター_雑感

7月が終わろうとしている。チラシは校了となり、会社案内はまだボールを握ったまま。社長の思いのまとめと編集は年内いっぱいかかりそうな感じ。その他、手付かずのいくつかの仕事も8月にお引っ越し。

誰から買うか、どこから買うか。消費者としての自分自身を振り返っても、こういう判断を繰り返していることに気が付く。理念や哲学に共感できると、すごくいい関係で結ばれる。そういうことを某社にお話し、ご提案させていただき、平面に定着した。次は、社内への定着を試みる。

暑さも、エアコンの気持ちよさも思考を曖昧にしますが、気持ちだけは切らさずに、夏のうちに書き上げるべきは書き上げようと思う。世に出た広告からはわかりませんが、作り手は、その時の季節とともに記憶する。暑さのなか書いた言葉は、逞しさもあれば、爽快な突き抜け感もある。それは、作り手としての密かな愛だったりする。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #人見 #理念

言葉と経営_その後01

企業経営において、数字だけを追うては絶対に到達できない次元がある。
これは、一つの真理。
言葉は意識であり、それは組織全体を貫く精神であり、哲学であり、つまりは理念。
それを、社内的には、社員の日々の学びに、社外的には営業活動や広告、広報に具体的に落としていくことが求められます。
どのような言葉を企業の背骨とするか。
それは、経営判断の一つ。
創業者や経営者の哲学が問われる部分でもあります。
人は、パンによって生きますが、言葉のないところにパンもないものです。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #人見

いま、何が起きているのか

人は学習をする。
当然、広告の受け手という「人」も学習をする。
ギミック、小手先の技術などは、もはやお見通し。
共感の時代。
楽しんでいる人、楽しんでいる波長に同調することで、物事は広がりを見せる。
自分がワクワクしながらやっていること。
それが、いかなる広告にも勝る。
そんな時代じゃないかな、いまは。

当然、そういう人の発する言葉は他意がなく、そのままで面白い。
多少のブロークンもご愛嬌。
コピーライターは、そういう人が発信した膨大な情報を、整理して編集することはできる。編集とは価値化。でも、まあ基本は、やっている当事者のワクワクを超えることはない。膨大な広告予算によらず、ありのままで勝負ができる良い時代といえば、良い時代です。

もう一方の軸は、イメージ。
これはやはり人にとって「印象」という意味でついてまわる。
イメージの構築、運用、修正は、やはりいまだにオーダーは絶えません。
しかし、上記と「運用」の時点で交わる。
そこに隠しきれなさ、つまりイメージの破綻のリスクと、イメージの相乗効果の分かれ道が潜んでいます。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #クリエイティブ #共感形成 #人見

CONERIの興味

大きすぎる言葉とか、自分(自社)をよく見せようと力の入った言葉とか。
そういう言葉ではなく、
「それぞれの生きる場所で課題を一つひとつ具体的に解決してゆく覚悟」(鷲田)
に言葉が必要と渇望するならば、 CONERIにご用命ください。


タグ:#CONERI #コピーライター #コネリ #人見 #言葉と経営