コピーライター考

ウェブの文章や商品紹介は、誰でも書ける時代。ましてや、自ら資本を投下するリスクを負った経営者や、強いこだわりで作り上げた開発者の熱量を上まってさらなる熱量で返すことは至難の技。よくて等倍。悪手のコピーライターなら、もっと冷めた文章が出来上がる。自分のことは自分で書くのがイチバン。(子どもの頃からちゃんとした国語力をつける必要がある:OSアカデミア!笑)では、コピーライターの仕事は何か?

「視点の開発」である。

この視点で訴求すればいいンだ! こんな切り口があったか! この手があったか! この「視点」がプロ。後は、誰でも書ける時代だよ。

もちろん、視点も絶対はない。どの視点が最もリーチするか。科学的に検証できるコミュニケーションの設計が必要。この辺りも、コピーライターの仕事として扱うのが良心的。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #コンサル #言葉と経営

【クリエイティブ×企業経営_無料相談会】

クリエイティブの力で、企業を元気に! 面白く!


・経緯
コロナ禍以前の 2018 年に、香川経済同友会としてメビック(大阪市)の視察をさせていた だき、「クリエイティブハブ構想」なるもの香川県に提言させていただきました。主旨は、 クリエイターと事業者の恒常的な交流の場をつくることで、相互理解を促進し、事業経営に クリエイティブの力を生かしやすくするプラットフォームづくり。これまで特に目立った 動きも認められないので、自分でやってみようと立ち上がります。

・立ち位置
CONERI としてではなく、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪産業局が運営するクリエイティブ産業振興施設「メビック」のエリアサポーターとして立ち上がります。メ ビックでは、10 年以上も前から、毎日のさまざまな活動を通じて、仕事や立場にかかわら ず、こころが通じあう関係性を大切にし(クリエイターと事業者の恒常的な交流の場づくり)、つながりのその先にある、豊かなクリエイティブが生まれるための環境づくりに取り組んでいます。企業経営にクリエイティブがうまく活かせるのは、その結果にすぎません。

・やること
1) CONERI として事業者のクリエイティブ相談会を実施していたものを、そのまま継続します。
2) CONERI で解決できることは、自社の存在意義の言語化、その論理的な展開としての宣伝・広告、商品開発、営業施策、社内施策ですが、CONERI の仕事になる、ならないはどちらでも構いません。
3) 相談内容によって、適任と思われるクリエイターの紹介、交流の促進、メビック主催の事業者とクリエイターの交流の機会等をご案内します。仕事になった場合でも、手数料をいただくものではありません。

・こだわり
1) 全国区であること
→わたしはメビックの「エリアサポーター」として香川県に在住していますが、コピーライ ターとしてデビューして以来、全国区であることをずっと意識しています。その証拠に、全国区の広告賞の受賞を重ねてきました。エリアの事業者の課題を、全国区のクリエイティブ 力で解決に導きます。全国や世界のクリエイターと、オンラインを活用してつなぎます。
2) これまでの枠を疑い、壊す
→わたしはコピーライターを軸足に、大学院の研究生として地域・交通計画の分野で論文を書かせていただき、言葉の力を子どもに授けようと国語・現代文の学習塾「OS アカデ ミア」を主宰するのみならず、言葉による心の「解放」を肉体でとらえるリラクゼーション マッサージのセラピストなど、とにかくクリエイティブの力が様々な世界で生きることを みずから体験しています。商品の売り文句を書くという旧来のコピーライターの枠に囚われて生きていないことが、ご相談者のお役に立てるものと考えています。

・日時
毎週水曜と木曜の午前(10 時から12 時)を原則として、予約制にて無料相談会を開催します。オンライン、オフライン、いずれも可。
・予約 メッセージ等、連絡のつく方法でご予約ください
・協力 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #言葉と経営 #デザイン思考 #集客

「言葉と経営」第2弾! noteに公開中_第2回

第2弾は、「具体的な一人と向き合うこと」というタイトル。
コピーライターは、不特定多数の何万人という人に向かって言葉を発しているけれど、
実は具体的な一人をきちんととらえることが大事。
そこには、熱量やその人を思う気持ちが宿り、
結果的に何万という人にも伝わるのだと、経験上感じています。

noteに記事を上げています。こちらからお入りください。


タグ:#コミュニケーション #CONERI こねり,コピーライター,言葉と経営

感謝と見通し【16年目のCONERI】

今日でCONERIは16年目に突入します。
広告代理店の仕事に端を発し、次にお客さまと直接対話のできる直接取引を志向し、コピーライターの仕事の領域の垣根を破壊・再創造した16年でした。もはや、コピーライターは宣伝文を考えるだけではないということを、実践を通して示してきました。
企業経営においては、企業理念を最上位として、広報・広告、社内施策、営業展開、商品開発の4象限すべてにおいて、言葉は軸となり、軸がしっかりしているからこそ、ブランドが形成されます。このような考えを拙著「言葉と経営」として世に問い、そのご縁でお仕事も広がってきました。有り難いことです。

16年間で、わたし自身の肩の力も抜けてきて、いい意味で気楽に楽しく仕事ができるようになりました。コピーライターの仕事は、文章力より先にものの見方が立ちます。わたしは、包摂とか多様性という視点を大事にしています。やさしさとも言えると思います。言葉を扱う仕事の責任を認識しながら、また1年、力を尽くしたいと思います。仕事は愛情表現です。効率でも規格でもなく、ご縁をいただいた方一人ひとりに愛情を注げるよう、心身の健康にも留意して日々を楽しみたいと思います。16年目のCONERIもよろしくお願いいたします。


タグ:#コミュニケーション #CONERI こねり,コピーライター,言葉と経営

「書いて書いて、書きまくれ!」

#コピーライターの考えていること#03

「書いて書いて、書きまくれ!」

画像や動画の時代に、書いても読まれない問題があります。「そんなに書いても読んでくれない」というのは、書き手が企業経営者の場合は企業の悩みであり、書き手がコピーライターの場合は、それを採用するかどうか決める企業側の判断の声であったりします。消費者としてのわたしも、たしかにそういう時もあります。SNS上での情報は、1秒。とにかく時間がない。情報が多い。読み流す。読み飛ばす。見たつもり。眺める。しかし、「これは!」と思うことは、もっと知りたい、もっと読みたい、もっとかかわりたい。

企業が言いたいことは、すべて言葉にする。これは間違った方法ではありません。視点は二つ。一つは、瞬時に掴む言葉と読み込ませる言葉の区別がつけられていること。二つは、読まない人をターゲットとしないというセグメントや、消費者に知的に挑む姿勢がブランディングに通じているという考え方。言葉を尽くすことは、無駄ではありません。どこの誰が読んでいるのかわからない。しかし、尽くした言葉は、必ず届いているものです。仮に言葉が届かなくても、その熱意や姿勢は伝わる。私たちは、そういうものに共鳴して生きているのだと思います。


タグ:#CONERI #コミュニケーション #コンサル #デザイン思考.#東京 #言葉と経営 #人見 #理念 #企業理念