「共感社会から共鳴社会へ」

コピーライターの考えていること#02
「共感社会から共鳴社会へ」

・きょうかん【共感】(sympathyの訳語)他人の体験する感情や心的状態、あるいは人の主張などを、自分も全く同じように感じたり理解したりすること。同感。
・どうかん【同感】同じように感ずること。同じ考え。

SNS時代のマーケティング理論では、共感がコミュニケーションのはじめに来ると言われていますが、おそらくそれは理屈のうえのことであり、実際は無理があると思っています。ここに挙げている言葉の定義は広辞苑第5版からですが、共感で「全く同じように」というのは本当に無理な話で、それぞれに自分の経験や現在の感情に照らし合わせて、心を響かせているのだとわたしは思います。自分の文脈で影になっている部分には、共感しづらい。やはり、この時代は誰もが「自分」に焦点を当てているのではないか。個人主義の時代の最果て。自分の魂に素直に生きるというのが無理のない方向で、それを外部の刺激(言葉など)によって増幅されたり、逆にストレスを掛けられたりしているのがこの時代のコミュニケーションだと考えています。つまり、一人ひとりは、自分の魂に共鳴しようとしている。個人の共鳴の和がおりんのように響きあうと、共感が生まれるのではないか。共鳴できる言葉が「届く言葉」なのだと思うのです。共感社会から共鳴社会へ。共感形成の視点で論文を書かせていただいてから1年。共感から共鳴へ、わたしの考えは少しかわりつつあります。

きょうめい【共鳴】①[理](resonance)物理系が外部からの刺激で固有振動を始めること。特に刺激が固有振動に近い振動数を持つ場合を指す。共振。②[化]ポーリングが提唱した、分子の化学構造についての概念。③転じて、他人の思想や意見に同感の念を起すこと。

付録:共感形成の視点に立った「土木」の論考(https://policy-practice.com/db/4_215.pdf)


タグ:#コミュニケーション #CONERI こねり,コピーライター,言葉と経営

CONERIのやっていること

CONERIのやっていることは、コピーライターの仕事。正確に言うと、コピーライターの可能性に挑戦しながら、コピーライターの社会的価値を高めるということです。

コピーライターは企業の言葉を考えます。売り言葉であったり、フィロソフィーと言われるあり方を指し示す言葉であったり。いずれにしても、ビジネスの世界の話です。ですから、企業経営者に、コピーライターとご縁を持てて良かった、と言っていただけることが重要。

経営者が良かったというのは、企業の業績の向上があってこそ。そこで、わたしは、コピーライターとして言葉を軸にしながらも、次の3つの力が必要だと認識しています。
1)適切な課題を設定する力
2)課題に対してクリエイティブな解を複数提案する力
3)それを実装するが伴走できる力

わたしが大学院で学んでいるのも、子どもたちに国語や現代文を教えているのも、すべてこれらの力を支える一つの要素を磨くことにつながっています。先日、実践政策という学会誌におさめさせていただいた「共感形成の視点に立った『土木』の論考」という論文は、共感形成というこれからすべての企業が考えなくてはならないテーマを土木の領域において捉えた論です。自社の業界だけを見ていてもユニークな解決策が出てこない時代に、まったく異業種に軸足を置いて考えてみることも重要なことだと考えています。

そして、もっとも大事なことは、こうした理論を携えて実践できる場を複数持っているか、ということ。それにより、社会のお役に立てるし、論も磨かれる。地域や企業において実践の場を持たせていただいていることは、実にありがたいことです。既存の枠組みを超えた理論と実践を通して、コピーライターの社会的価値を高めようとしているのが、CONERIの取り組みです。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり

明けましておめでとうございます。


SNS上に仕事の主義主張を言わなくなってから急に仕事が忙しくなったという貴重な経験を積んだ昨年でした。今年もゆるく、ふわっといきます。が、以下の3つのことは誰よりも気を引き締めていきます。

1)CONERIのお客さまに対しては、「クリエイティブで企業を良くする」をテーマに、これまで以上の知見とふさわしい言葉を提供することで、企業の課題解決に貢献してまいります。

2)大学院は、昨年、査読付き論文を1本パスすることができました。1月下旬に博士後期課程の入試を控え、今年も研究は最重要な取り組みとして尽力します。

3)コピーライターとして仕事をするなかで、早くから身につけておくことが重要であると感じた論理的な思考力は、OSアカデミアで今年も子どもたちに提供してまいります。もうすぐ高校生はセンター試験ですが、塾生のなかには過去問で現代文満点を取った生徒、全国で上位にいる生徒がいます。提供している学習内容には絶対の自信がありますので、今年も引き続き週1日数時間ではありますが、継続してまいりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり

近況

前回の投稿から2ヶ月以上が経ちました。CONERIは少しずつわたしの描いた方向に動いています。コピーが欲しいという依頼から、もっと本質的な経営の課題を抱えた経営者からの依頼へ。言葉の力でどこまでその課題を解決に導けるか。ときにデザイナーさんや映像クリエイターさんの力をお借りすることもありますが、あくまでも言葉を軸とした取り組みを提案し、実践しています。

これは広い意味で「デザイン思考」と呼ばれるもので、それは意匠デザインとはまったく違うものであるということを企業に啓蒙し、デザイン思考を切り口にクリエイターと企業のマッチングの商文化をつくっていこうという提案を、経済団体を母体として働きかけてみる取り組みも離陸しました。わたしがエリアサポーターを仰せつかっているメビック扇町の取り組みを先進事例として起案する予定です。

一方で、創造性とか共感性をテーマとした論文の執筆も牛歩のごとくではありますが、進んでいます。学問の世界は教授を頂点としたチームワークであり、多くの協力者の頭脳のおかげで進むわけですが、その成果はCONERIのお客さまに還元されています。年末にかけてゼミでの発表が当たっており、その流れで来年に向けてやりたいことが山積しています。

一見バラバラに見えるCONERIの取り組みは、ようやくすべてはつながっているというふうに見えるかな?というところまで来た感じがしています。年の瀬の挨拶にはまだ早いですが、すでに忘年会もいくつかあり、このまま2019年に駆け込む勢いです。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コンサル こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考.#書く習慣づくり #言葉と経営 #こねり

<今週の動き>

【これも、コピーライターの視点_156】

週明け月曜はいつも通り、大学院で学びました。これまで修めさせていただいた3本の論文のうえに、次の一歩を築く研究計画を立てています。先人の考えたこと(既往研究)のうえに築く一歩が進歩であり、進歩に貢献するのが独創です。昨年の秋に学会で発表させていただいた論文のタイトルは「コピーライターの対極的視座から見た『土木』の論考」。交通・地域計画学領域で学んでいますが、コピーライターとしての挑戦でもあります。わたしは、コピーライターは素晴らしい職業だと思っています。それは、着想やアイデア、クリエイティブで社会を良くするという意味で、他にはない職業だということです。広告という枠を飛び出して、異分野においても貢献できるものか。まだまだ挑戦は続きます。
今週は今日、火曜は国語・現代文の単科塾「OSアカデミア」の振替授業。水曜は再び研究室。ゼミのあとには、大学3年生に向けた授業をさせていただきます。木曜は得意先で打ち合わせ。金曜は高松市の広報アドバイザー業務。午後は得意先で「デザイン思考」の学びの場を持たせていただきます。その後は、国語・現代文の単科塾「OSアカデミア」の振替授業。週末は子どもの運動会があり、中学校のOB会組織の理事会・総会も予定されています。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #コミュニケーション #コンサル #言葉と経営 こねり,コピーライター,言葉と経営 #デザイン思考 #伝える力