いま、何が起きているのか

人は学習をする。
当然、広告の受け手という「人」も学習をする。
ギミック、小手先の技術などは、もはやお見通し。
共感の時代。
楽しんでいる人、楽しんでいる波長に同調することで、物事は広がりを見せる。
自分がワクワクしながらやっていること。
それが、いかなる広告にも勝る。
そんな時代じゃないかな、いまは。

当然、そういう人の発する言葉は他意がなく、そのままで面白い。
多少のブロークンもご愛嬌。
コピーライターは、そういう人が発信した膨大な情報を、整理して編集することはできる。編集とは価値化。でも、まあ基本は、やっている当事者のワクワクを超えることはない。膨大な広告予算によらず、ありのままで勝負ができる良い時代といえば、良い時代です。

もう一方の軸は、イメージ。
これはやはり人にとって「印象」という意味でついてまわる。
イメージの構築、運用、修正は、やはりいまだにオーダーは絶えません。
しかし、上記と「運用」の時点で交わる。
そこに隠しきれなさ、つまりイメージの破綻のリスクと、イメージの相乗効果の分かれ道が潜んでいます。


タグ:#CONERI #こねり,#コピーライター,#言葉と経営 #クリエイティブ #共感形成 #人見

拠り所となる言葉

拠り所となる価値観があるか。つまり、拠り所となる言葉があるか。それは企業の成長にとって重要なこと。ない場合は、価値観が散漫になる。ブランディングにとっても得策ではありません。拠り所となる言葉はあるか?
#企業風土 #理念 #共感形成 #人材教育


タグ:#CONERI #共感形成 #理念 #コンサル #言葉と経営 #社員への浸透

この時代のキャッチフレーズとは

キャッチフレーズは、広告の中に2次元で留まっているという発想は、昭和。これからの時代が、共通言語として万人を包摂し、共感の枠組みづくりに機能する言葉が、新キャッチフレーズ!
#企業風土 #理念 #共感形成 #人材教育


タグ:#CONERI #共感形成 #理念 #コンサル #言葉と経営 #社員への浸透

共感形成

共感。どの企業もコミュニケーションのはじめにこれが必要。では、どうやって共感形成を図るのか。その過程を研究し、モデル化しました。オンライン、オフラインに関わらず、共感形成ができている企業がいま成功しています。
#企業風土 #理念 #共感形成 #人材育成


タグ:#CONERI #共感形成 #理念 #コンサル #言葉と経営 #社員への浸透