やっぱり「言葉と経営」

昨日は、香川県立保健医療大学にて、講義を依頼いただき、看護科の1年生70名にお話をしてきました。いただいたテーマは「論理的に考え伝える力の重要性と情報倫理」。論理的とはどういうことか、ということに時間を割いてお話をしました。あくまでも、コピーライターとしての登壇です。

私は、コピーライターは、もはやメディアに宣伝文句を書くことだけが仕事ではないと考えています。もちろん、今でも宣伝文句の依頼は変わらずにあります。しかし、言葉の力で企業経営を見た場合、企業活動の最上位概念である理念やフィロソフィーになるし、それを販売の観点から見れば広告になり、社員教育の観点から見れば、クリエイターが日常的に活用している(はずの)デザイン思考に至ります。それら全てを、またはそれぞれをこれまで企業に提供してまいりました。

コピーライターが広告のコピーだけを書いていれば良いなんて誰が決めた!?
これは、亡き師匠・柴田常文氏に言われたことです。それ以来、私は、コピーライターの力を広く社会のお役に立てる局面を丁寧に探そうという意識で仕事に当たっています。

昨日の学生さんに向けての論理的な思考力、読解力のお話も、その一つ。決して難しい話ではなく、無意識のうちにやっている思考に「論理」という視点から光を当ててみただけのこと。これは「ものの見方」の話だよ、と何度か言いました。企業活動も、私は同じだと思っています。ものの見方によって、意識が変わり、日々の動きが変わり、お客さまとの関係性が変わり、利益が変わる。目先の利益に忙しい企業経営者に響くかどうかはわかりませんが、言葉の力に可能性を見出したい企業経営者と一緒に仕事ができることが、今の私の幸せの一つです。


タグ:#CONERI #コミュニケーション #言葉と経営 #デザイン思考 #企業理念 #人見

ネーミングの議論

今日は、お客さまとZoomでミッション、ビジョン、バリュー、そしてブランドネーム開発のご提案。
AIが発達すると、こういうアイデアも、複数の言葉の組み合わせの最適化を勝手にやってくれるのだと思いますが、わたしが大切にしているのは、経営者のお人柄や信じて歩んできたこれまでのことや、未来への眼差し。そういうものは、AIが推し量るにしても、もう少し先のことになると思います。

ご紹介いただいた九州の事業者様で、もはや県をまたいで九州には行けないので、オンラインでのご提案。
しかし、メールよりも伝わるし、一度お会いしていれば、オンラインもありだと思います。
明日は、岡山のお客さまとミッション、ビジョン、バリューの開発会議。
もちろん、オンライン。
こちらも、現地には複数回足を運んでいます。
現場の空気感を取材することは必須ですが、オンラインも活用次第で生かしようは十分あると思います。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力

言葉を握りしめて

いま、いくつかの企業のミッション、ビジョン、バリューを、経営者と二人三脚で考え、作成しています。自社の存在意義や事業の目的意識を明確な言葉としてもっている企業は、強い。afterコロナでもwithコロナでも、言葉をにぎりしめ、磨くことはできる。

この流れは、大雑把には、稲盛さんの教えに近いところに根っこを見ることができるのだと思います。それはこの国の経済成長を背景として意味を見いだす経営者が多かったように思います。また、バブル崩壊、リーマンのときも、稲盛さんの理念経営は、生かされたように見受けられます。

コロナは、リーマンの比ではないとの試算もありますが、ますます事業者は自社の本質的価値を自らが定義し、磨いていかなくてはならない時代が来ます。言葉なき世界は混沌、カオスです。心だけは、明晰でありたいものです。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力

「言葉と経営」第2弾! noteに公開中

自宅などでじっとしている時間が増えているかと思います。
今日も健康第一で、感染リスクをおさえる行動をとりましょう。

家に居ながらも、企業経営の先を見通そうとしている企業経営者や個人事業主の方に向けて、
「言葉と経営」第2弾のコンテンツをnoteにあげました。
読んでみてください。>>>記事はこちら


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力

コロナ後の世界

新型コロナウイルスに感染した方にはお見舞い申し上げます。
一日も早い回復をお祈りいたします。
もう誰が感染してもおかしくない状況で、
自衛策としては、睡眠と食事によって免疫力を落とさないことくらいでしょうか。

CONERIの規模感では仕事がストップすることもなく、
コロナ前からの仕事が継続されています。
「コロナ前」「コロナ後」ということを最近考えます。
産業革命の前後、文明開化の前後、第二次世界大戦の前後と
大きく世の中は変わりましたが、
今回のこともそれに匹敵する状況になると予想しています。
学び方、働き方、売り方がまったく変わってしまう。

何となくやっていたことは、ことごとく消え去る。
スカイプやZOOMの会議だと、不要な資料はことごとく不要。
そういうものを作っていた人も、お役御免。
何が必要で、何が不要か。はっきりとすると思います。
平時には言っても言っても変わらなかったことが、非常時には、いとも簡単に変わる。
いまは、言うまでもなく、非常時です。

OSアカデミアで小中高既卒生に、国語・現代文を論理の観点で教えていますが、
論理というのは、これからの時代に必須のスキル。
これからの若い人を教えるのに、古い頭ではいけないと
わたしも頭脳を更新する毎日です。
CONERIのお客さまも、コロナ後の世界に生き残りをかけて、
言葉の視点で企業経営を見直し、更新をはかっています。

まずは、自分や家族など自分の大切な人たちを守ることが最優先ですが、
家のなかでじっとしながらも、コロナ後の世界に思いを馳せ、
言葉や論理で社会に貢献できることを実践していきます。


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #企業理念 #伝える力