何から始めればいいのだろう?

言葉を経営に生かしたい。
こんな願いや希望がちらほらと
聴かれだして、
それはそれで、具体的に
何から始めれば良いのかという話に
なります。

ある経営者は、ネットでの集客の
道筋に置いている言葉、
例えば、ネットの文章、メールの文章、
メールマガジンの文章、そういうものを
すべて見直しを掛けたいと言います。

ある経営者は、企業スローガンや理念などから
見直して、順に下へ落としていきたい
と言います。

各社、やり方はそれぞれ。
言葉に意識が行くというだけで、
拙著「言葉と経営」を出した甲斐が
あったというものです。
ありがとうございます!!

月曜は、なんだか曇り空のスタート。
雲の上には太陽がいますよ〜!
モヤモヤを突き破る元気と笑顔で
一週間を楽しみましょうね!


タグ:#CONERI #クリエイティブ #言葉と経営 #こねり #企業理念

コピーライターと一緒につくるクレド

経営者と社員が一体感を持てると、
会社はうまくいきます。
では、その一体感はどうやれば
出てくるのか?
意志のある大の大人の集まりの真ん中に
社長のワクワクがあれば、
それは、何よりの大きなマグマとして
組織を求心していく力になりますね。

ワクワクは空気感ですから、
できればそれを明文化しておきたい。
明快な言葉にしておくことで、
どのスタッフが見ても、
どのお客さまが見ても
ねらいとするとことが
ブレずに伝わっていく。

しかし、
ワクワクを言葉にしようと構えると
よく見られる例としては、
地域貢献とか、共感共苦など、
ありきたりの四字熟語にすりかわる不思議。
漢字の文化が・・・と
言っている場合ではありません。
社長のワクワクは、
社長独自の固有のものであるならば、
生まれてくる言葉にも
オリジナリティの輝きがあってこそ、
求心の力は高まります。

その明文化したものを
「クレド」と言います。
「クレド経営」とは、理念や指針、
つまり企業の精神を経営の軸とする
経営手法のことです。

人材育成、人材採用、人事評価、
サービス向上、ブランディングなどに、
クレドは、まっすぐに力を発揮します。
3ヶ月間、90日で一緒に完成を
見に行きませんか。
漠然とした思いに
一筋の光を与え、
最高の言葉でお応えします。

コピーライターと一緒につくるクレド



タグ:#CONERI #クレド #コピーライター #企業理念 #理念 #指針 #言葉と経営