ありがとうございました!

先週の金曜6月2日は、
わたしの出版記念トーク&パーティを
開くことができました。
世話人の中橋惠美子さん、徳倉康之さんの
お声掛け、お力添えがあっての
開催となりました。
ありがとうございました。

詳しくは個人のフェイスブックに
ポストしましたが、
改めてここで言いたいことは、
お越しいただいた方への感謝の気持ち、
お花やお祝いの品を贈ってくださった方への
感謝の気持ちです。

仕事がうまくいく背景には、
自分の力だけではなくて、
支えられている多くの人の気持ちが
そこにあってのことだと
改めて気づかされ、深い感謝の念を
抱かざるを得ません。

最後の挨拶で、
コピーライターは(クリエイターは)、
もっと企業経営に貢献できる。
そういう英知とスキルを持つのが
クリエイターであり、
事業者とクリエイターのマッチングが
もっともっと加速するように
その声を上げたのが、著書だということです。

お越しいただいた方の気持ちに届き、
そういう機運が高まるきっかけとなれば、
それこそ、望外の幸せです。
とにもかくにも、あの日、あの時間に合わせて
気持ちを持って集まってきてくださった皆さま、
行けなかったけれど、お祝いをいただいた皆さま、
お祝いの言葉をいただいた皆さま、
影ながら気持ちを届けてくださった皆さまに
心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
まだまだ、言葉の力でできることはあります。
その可能性を、一緒に見に行きませんか!

(写真:中村政秀氏)


タグ:#CONERI #こねり #言葉と経営 #コピーライター #コミュニケーション #コンサル #広告 #集客

自己PRばかりしていませんか?

得意先の社長より、
情報発信のレスポンスが増えだしたと
うれしいお声!

何をしたか。
「ジマンは控え目にしましょう」という
ことを実践したのみ。
ジマン話には、相手を想う気持ちが
欠けているのです。
「わたしは」「わたしは」の精神が
お客さまにとっては共感できない。

ジマンとは、自社はこんなことができます!
というようなこと。
モノがなかった時代の名残ですね。
こんなモノができました!
こんな技術で、こんなこともできます!
というのは、
B to Bの限られた対象には有効ですが、
(例えば、鉄工所。こんな旋盤を
持っているので、
こんな仕事の請負可みたいなこと)
広くわたしたちには「共感」が足らない。

あなたが「何ができるか」以前に、
「何を考えているのか」
何を良しとし、どのような価値観を
持っているのか
あなたの根っこやバックボーン、歴史は?
などが知りたい。
そこを丁寧に発信してみませんか。
順番として、ジマン話は、それからです。


タグ:#CONERI #こねり #コミュニケーション #コンサル #言葉と経営 #コピーライター #広告 #集客

コミュニケーションって面白い!

飲み会という場は、
いろんな本音が聞けて面白い。
先日、初対面の経営者から、
CONERIさんには、
どんな問い合わせが多いのか?
と問われました。
コピーライターとか
コミュニケーションディレクター
というものがあまりピンと来なかった
のだと思います。

「モノを売りたい!」
「どうやれば言いたいことが伝わるのか?」
そういう問い合わせが多いですよ、
とお答えしました。

モノを売るためには、
モノを良くするという方法もあれば、
伝え方を考えて売っていく場合もあります。
伝え方が良ければ、
販路の拡大にもなれば、
社内の士気の高揚が期待できたり、
営業マンの売り方の工夫が期待出来たり・・・

実は、言葉やデザインなどの
目に見える表現は、
社内、社外を問わず、
人の意識に働きかけ、
行動を変えちゃう力をもっています。
売りたいという切望に対して、
「伝え方」でお答えするのが
CONERIです!


タグ:#CONERI #coneri #クリエイティブ #コピーライター #言葉と経営 #広告#広報 #コミュニケーション